スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年8月25日 第22回 芦ノ湖釣行

今週は台風ウィーク。
月曜日の早い段階まではお天気サイトによっては火曜日は風力10!なんて所もあり、こりゃ来週かな?と思ってましたが午後になりどのサイトも一律して一日中風力2に統一されました(笑)
多分進路次第でどうなるか分かりません!的な予報士の判断だと思いますが、とりあえず日本海を抜けて中国の方に行っちゃうみたいだし吹いても北東の風なので出船は出来るでしょう・・ということで行ってきました。

但し、気温は一気に下がるということで上着を2着持って出発。
富士市の工場の煙はさほどたなびいてないですが、三島の気温は20℃、箱根峠ではなんと14℃でした!先週よりマイナス7℃。

そして元箱根に到着すると予定通りの東よりの風。元箱根は風裏になるので風は感!
られませんが沖はかなり
いているみたいでした。


image

さすがに今日は常連さんは来ないかな?と思ってたらS野さん到着。


image

しばし談笑後ノザキも開きAM5時半出船。
今日は先週の失敗を踏まえ風向きを考え風が当たる側、弁天から大島の東側を通し箒方面に向かうコースを選択。


image


自作S字角と自作ウィングでそれぞれ80、90ヤードにセット。


image


すると弁天でS字の方に早速ヒット!
ブラウンも出るポイントなので期待しましたが結局いつものイワナちゃん


image

その後両舷に代わりばんこにヒットしてきますが全てヒメマス。ですがやはり大島の東側には反応が良く出ていました。(ここまでは正解か?)

箒の沖なども当たっては来ますが期待したサイズは出ず、結局箱根園方面に飛ぶことに。

良い風がこちらも吹いてはいますし、天候のせいか今日はトロ船も少なく、あとは活性が上がってくれれば良いのですがこちらもヒメ主体で掛かってきます。


image

今回はどちらかといえば箱根園より北側の方が比較的操船しやすい風でしたが湖尻付近では正体不明のターンオーバー的な泡が無数に浮かんでました。


imagehspace="5">

それでもヒットはしてきましたが・・

7時半頃には九頭龍でGiiiiと来ますが向かい風で減速したための根掛かりでした。

その直後LINEにS野さんからレインボー50サイズ登録の一報が!
狙い通り、やはり大島の元箱根側でした。

いいな~と言いながら焦り始めた直後カエル石で左舷S字角がGi・・GiGi・・
巻いていくとびみょーなサイズながら測ると40は超えていそう。
一旦帰港。

42センチ 0.66キロ
カエル石
オリ角 80ヤード
急いで再出船し沖でリリース。水温も下がり気味の為か元気に戻っていきましたが珍しく写真を撮るのを忘れてしまいました。


登録は何とか出来ましたが更なるサイズアップとあわよくばブラウンも・・・と大!
周り、立岩、神宮とウッ
ベイト&ナカジマミノーできわどく攻めてみますが当たりも無し。
昼から3時半ぐらいまでは何をやっても反応が無い状態に・・
しかも風はどんどん強くなりヒルガや箱根園などは東風が吹き抜けるせいで突風がすごく船がくるくる回ります。

こんな日は釣り客だけでなく海賊船に乗る観光客もまばら・・


image

ですが操船も大変な中ルアーチェンジしようと巻き上げ、リーダーまで来たときになんとそのルアーにヒット!?

跳ねている魚もいたし、もしかして表層引きでもいけるか?と思い1色&2色でプリンス付近を早引きすると小さいながらもニジマスが連続ヒット!
で、最後も帰る途中山のホテルで数匹釣って納竿しました。


image

戻ってS野さん、H川さんと豚汁を戴いていると野崎さんが鮎釣りからご帰還。
僕らは魚を求めて山を登り、野崎さんは山を下る・・鮎美味しゅうございました(笑)

また、現在ダービーでぶっちぎりのトップを突っ走っているH川さん。自作改造している「フラットフィッシュX4エンゾスペシャル」の数々を見せていただきましたがその完成度は流石!
ここで紹介できないのが残念なくらい。
とても自分の角とは比べ物にならない綺麗さでした。


スポンサーサイト

2015年8月19日 第21回 芦ノ湖釣行

午前2時に起きいつも通りの時間に出てしまいましたがノザキの開店時間が05:30になったことを思い出し節約も兼ねて今回も一般道を行くことに。
それでも3時半過ぎには箱根に到着。
三島の気温は26℃、箱根峠では21℃でした。

そして元箱根のセブンイレブンで買出しをしようと入店するとなんとミヤビーさんと遭遇。

しばし談笑しミヤビーさんは湖尻へ。

僕は元箱根駐車場へ。湖畔をチェックすると今日は風もなく静か。静かすぎです。

しばらくするともう1台来ました。常連のT畑さんで今回初めてお話をさせていただきました。


image

思いのほか早くノザキが開き05:10出船。
先週のライントラブルにともない今日は新品のレッドコアに巻き変えてきました。


image

南西微風の中いつものように何も考えず箱根園方面に向かいます。(これが今日の失敗・・)

穏やか過ぎる中両舷とも自作の角とウィングで始めるも当たりが無いまま進んでいきます。
カエル石辺りで対岸をミヤビーさんが進んでいくのが見えますが何やら止まってやり取りをしています。もしや大物!?とSMSすると「根掛かりで角殉職・・」とのこと(汗)


その後樹木園~箱根園を往復するもヒメの当たりが3回のみ(ーー;)

そこで先日掃除していたときに見つけてワカサギの群れを直撃用に持ってきた25年ぐらい前に買ったウッドベイト5センチを投入!


image



image

群れを直撃させ何往復か・・しかし何度か反応はあるもののヒットまで至らず・・



そして7時・・ミヤビーさんから
「50来ましたー!」
の一報。!(^^)!


電話で話すと箒の沖で来たとのこと。
まあこの段階ではよくあること・・次は俺が!的な感じだったのですがこちらは10時の段階までで小ニジが1匹・・。





そしてまたまたミヤビーさんから目を疑う一報が!
style="color:#ff0000;font-size:xx-large">「70来ましたー!」
マジで入力ミスかと思いましたがすぐ電話。

すると当然打ち間違いでもなく箒の沖に魚の反応がかなりありコニジの中に大物がいる感じで釣れてますよ~、いい風も吹いてますよ~とのこと。プリンスのこちら側とは状況がまったく違います!

すぐに竿を回収して全速で向かうと結構な船が居ます。しかもみんな釣れていそう・・
手漕ぎトロ師のH川さんやT畑さん、もう一台ノザキのボートに乗った学生さんのような方・・目が悪く誰か分からなかったので遠慮して無視してしまったらなんとエビスのI田さん(ゴメンナサイ)、みなさんこちら側にいらっしゃいました。

早速沖目を意識して流すと小ぶりながらも1匹・・2匹。プリンス側より確か!
に釣れます。



とまたまたミヤビーさんから目を疑う一報が!
style="color:#ff0000;font-size:xx-large">「ヤバい!
クマバチに刺された!」

ミヤビーさん当たりすぎですよ・・・


クマバチはミツバチの仲間で毒性も低いみたいですが腫れてきたということで一旦ボート屋へご帰還。

ちなみに今日はチョウ(セセリチョウ)も多く飛び交い、それを狙って巣立ちしたツバメも飛び、トンボも飛んで、岸近くではワカサギの群れを狙って鵜もバシャバシャ。
当然僕の嫌いなスズメバチも襲来してきます。この時期はトンボが真正面から飛んでくるとスズメバチと見分けがつかないことも多く気が抜けません。

僕はスズメバチ対策としてなるべく白い帽子、白い服を着る。あと、日焼け止めは無香料の物を使うようにしています。
スズメバチは化粧品の匂い、甘いジュース!
匂いにも寄ってくるので
性などは注意したほうが良いかと・・僕も2年ほど前までは気にせず良い匂いの日焼け止めを使っててスズメバチにまとわりつかれたりしましたが、無香料の物を使うようになってからはたまに近づいてくるもののしっこくまとわりつかれることはなくなりました。
但し、うとうとしているときに来て瞬間的に手で払ったりすると大変なことになるので注意が必要です。


話は戻って何匹か追加しましたが大きさは伸びず風が治まるにつれ当たりが遠くなり、対岸を見ると東岸のほうが風が当たっているのでプリンスに戻ることに。

すると今度は先ほどとは違い、箱根園~樹木園の間を1往復するたびに2,3匹はヒットしてくるようになりました。

ナカジマミノーとかも使いますが角に比べヒット率も変わら!
とにかく風が吹くと釣れ
る!という感じ。

なので4時を過ぎ風が治まってくるとまたまた当たりが遠くなってしまいました。


image

最後までGiiiiiiiiを期待しましたが今日は最後まで聞けないまま納竿。


image

今日は風向き、強さをまったく考えずいつもと同じアプローチをしてしまった僕のミスです。
すべて後手後手になった1日でした。



芦トロおやじは「経験値1」を手に入れました。


2015年8月14日 第20回 芦ノ湖釣行

私の仕事も夏休みで暇になったので今週再度箱根に登ってきました。

前回はヒメマスばかりでニジマスが何処にいるか全く見えませんでした。

あれから数日、天気予報は明け方まで雨、午後風が強くなる予報で前回とは状況が変化することを願っての釣行ですが、今回新たなアイテムの一つとして5センチほどの細身の角を削ってきました。


image

勿論今のワカサギに合わせた物をということで削ってみました。

三島の気温は25℃、箱根峠は20℃。前回と一緒ですが今回は南西の風が結構吹いており雨もたまにぱらつきます。


image

桟橋が空くの遅いな~と待っているとエビスのI田さん到着。
今日のトロ師は二人です。

AM5時過ぎ出船しましたが向かい風になるので久しぶりに西岸から攻めようと船を走らせました。


imagehspace="5">

すると箱根湾の沖に青いエレキ船が・・・・もしやと思い近づくと湖水荘のボート。

僕の角削りのお師匠ですがFacebook繋がりで実際にはまだお会いしたことが無いS水さん。その方が湖水荘の青いエレキ船だということは知っていたので勇気を出して思い切って声を掛けるとご本人でした。
S水さんもいきなり知らないじじいからの声掛けだったのでびっくりで緊張していたみたいです(笑)

挨拶を済ませトリカブトからトロ開始。

今日も自作の角のスイムテストをしながら進みますが前回ダメな泳ぎのウィングタイプを削り直したら今度は全くアクションしなくなったり、回転したり殆どが前回より駄目になってしまいました。

何より泳ぎの安定度合いがSRCと泳ぎ比べると全く!
います。
SRCのウィ
ングは左右に広くダートし高速でも安定していますが僕のはそれに近い泳ぎをしてくれるのは2個だけでした。(そのうち1個は先週ブラウン57センチを釣ったもの)


image


とりあえずそれと5センチのミニサイズを付けて進むとヒメ、ヒメ、ニジ、ヒメ・・とヒットします。

百貫まで来て対岸を見ると箱根園方面はさほど荒れていないのでワープしてプリンスから再開します。
するとここでもヒメ、ニジとヒット。
小さい角は下手したらヒメばかりになるかもと思ってましたがニジマスも釣れるので少し安心です(笑)


image

状況から言うとこの日は無風か吹いてもこのぐらいだったので結果的には釣り日和でしたが昼晴れてからはヒメマスが1匹も釣れませんでした。

で、8時過ぎいつもの様にプリンス沖を流していると5センチサイズの角にGi・・Gii・・というビミョ~な当たり!

巻いてくるとだんだん抵抗を始めリーダーまで来ると銀色の魚体を確認できたので慎重にネットイン!
なんともビミョ~なサイズだったので高速で桟橋に帰還し検量してもらうと


imagehspace="5">

41センチ 0.72キロ
オリ角5センチ
プリンス沖 85ヤード

無事登録完了です。なんと6月24日以来のレインボーの登録。

その後晴れ間が出てくると一時は当たりが遠のきましたが箱根園沖から樹木園沖にかけて東山湖レインボーが回遊しているみたいでアタックしてきてくれるように。

特定の角にしかアタックしてきませんがそれでも両弦ダブルヒットも何度かあり楽しめました。終わってみればヒメマス7匹、レインボー17匹(すべてリリース)。
今まで釣れていたイワナは本日はなんと0匹!同じルアーで同じ所を通しても気配すらありませんでした。(I田さんもイワナは釣れなかったそうです)

それよりも今日は途中リーダーの絡みが何度かあり、リーダーごと交!
しなければならない状態
・・
レッドコアの先っぽの方もコアが所々飛び出てしまっているしそろそろ総取替えの時期みたいです。


image

この日のノザキの食事は特製カレーと野崎さんの釣った鮎。

2015年8月11日 第19回 芦ノ湖釣行

今週は以前から「連れてって!」と言われていた保険のお客様Mさんの接待(?)を兼ねた釣行です。

AM3時富士川SAで待ち合わせ、2台で一路箱根へ。
三島での気温は25℃、箱根峠では20℃。先週より肌寒く風は東よりの風が結構吹いていました。


image



image


釣りは埠頭などでよくやられる方のようですがレイトロの来ないときの沈黙と灼熱さに耐えられるでしょうか?

AM5時出船今回も竜宮殿手前からスタートします。
もちろん今回もオリ角のウィングを両方セット。


image


竜宮殿沖を通り過ぎ「そろそろ来るかもしれないですよ。」と言ったら本当に来て言った本人である僕がびっくり。
まずはヒメマスでした。

その後もぽつぽつとヒメマスがヒット。バラシも多いですが飽きずにくるので接待としては一安心。しかし7時過ぎMさんに使わせていた竿が

style="color:#ff0000;font-size:xx-large">Giiiiiiiii

思わず自分で竿を持ってしまいました。

ばらしてはいけない(本当は登録サイズのニジマスを期待して)と結局僕が巻くも上がってきたのは40アップのイワナのスレ。

接待と言いながらいざという時は竿を奪い取るあさましさ・・・反省して二度と相手の竿を奪わないと誓いました(笑)



結局この日は延々とヒメマスばかり。
数で言うと30以上ヒット!でも3キロで引いてるのでバラシ当然多く、それでも15キャッチ。

ニジマスはMさんが引いていたウッドベイトにちびますが2匹掛かったのみでした。

最大魚はカエル石で掛かったイワナ55センチ。
これは本当に綺麗で力も強く最後までブラウン!と勘違いしてしまいま!
た。


image

使ったのはウィングを作る過程で出た端材で作ったS字スプーン。


image

この暑さで曲げが無くなってしまうと水に付けていたら意外に良いノギが出ていたので使ってみたら即結果を出してくれました(笑)



image

結局2週続けてニジマスの登録は出来ず。

先週はイワナが元気。今週はヒメが元気。ニジマスは何時元気になってくれるのでしょうか・・・と、この釣行記を書いているときS野さんからLINEが・・

「レインボー、ブラウンなんとかダブル登録完了です!」

・・・・・・・・・・流石です。

2015年8月4日 第18回芦 ノ湖釣行

約40日ぶりに箱根の山を登ってきました。

箱根はちょうど夏祭りウィーク


image

三島では夜中でも27℃でしたが登って箱根峠では22℃。風も微風でバスならトップでバホバホ出そうな雰囲気です。


image

今日のノザキからはS野さんと二人での出撃。


この40日の間、箱根も警戒レベルが「3」に上がったり、台風が来たり、猛暑だったりで観光客や釣り人が減ってしまっているみたいでしたが、僕も行けない間色々調べて道具も揃え勉強し、初めて角をシコシコ削って今回10本のウィングを持ち込みました。


image

果たして釣れるのか・・・・その前にまともに泳ぐのか・・!?


スイムテストと共に釣れなくても今日は他のルアーに逃げないぞ!という固い決意のもとAM05:00出船です。


image

40日ぶりなので状況がさっぱりわかりませんが厳しいことだけはわかっているのでとりあえず船を飛ばし竜宮殿からスタート。

すると90ヤードで出したロッドにいきなりヒット!
あっさり釣れちゃいました(笑)
AM05:10 ニジ30センチ弱


image

このウィングはこの後立て続けにニジ、イワナ、イワナと4連続ヒットします。

あっさり釣れてはしまいましたが、他のルアーをスイムテストすると見た目は良いと思った物ほど回転したり横向きになったり・・結局10本中4本はダメダメで要再調整行きに。


image

その後ぽつぽつと釣れてはきますがイワナばかりでまともに泳ぎそうなものに交換しても状況は変わらず


image



image



image

日が出てピーカン無風になると当たりすら無くなりじりじりと腕、首が焼けていきます。


あまりに辛いので途中気分転換に立石湾でわかさぎの調査をすることに。


image

8~11メートルラインにびっしりと群れが映り入れるとすぐに竿先に反応がありますが上げてみると


imagehspace="5">

3センチからせいぜい6センチ。深いほうがやや大きいですがどこを回っても同じ状況。
仕掛けを落とせばすぐ食いついてきて外すのが面倒になり1時間ほどでやめてしまいましたが、群れ自体はかなりの濃さなのであと1ヶ月ほどすればかなり良い状況になるのではないかと思います。

しかし年越しのワカサギがどこに行ったのか?

トローリングを再開しても状況はさほど変わらず。しかし風がほど良く出始めてからは当たりが出始めましたがイワナのオンパレード!

この高水温で何故かイワナが一番元気です?
しかもでかい!40センチも多く時には50センチクラスも掛かってきます。

もしかして角がイワナに合ってる?ニジにはミノー系?と何度も思いましたが、今日の目的は自作!
ウィングのテストテスト
と何度も思いとどまり、反応が多い胴切から箱根園の間をひたすら流します。

S野さんは仏ヶ崎ですでに登録ニジをゲットしておりどんどん時間が過ぎ諦めの感が増していきましたがPM4時プリンスの桟橋沖を通過した時一番サイズの大きいウィングを付けた方のリールが

style="font-size:xx-large;color:#ff0000">Giiiiiiiiiiiiiiii


思いっきり鳴き竿がバットからひん曲がりました!

すぐ片方のルアーを回収しエンジンストップ。戦闘開始です。

重いながらも何とか巻いていきますがあと2色ぐらいのとこまできても底べったりなので

「ブラウン??(わくわく)」
「これでイワナだったら怒るよ(どきどき)」

あと1色まで来てもそこからまた1色以上引き出されるので・・
「ま、まさか・・・鯉??(トラウマになってるみたいです)」

でもようやくリーダーまで来て浮き上がってきて1発ネットイン!


image

怪しそうな影も何度か映り、ここが怪しいなと何度も通した結果、狙ったポイントで捕れました。


20150804-1


釣り上げたのは朝桟橋でS野さんと「これアールが強すぎて回転しちゃいそう」と話していたやつ。


image

泳がしてみるとなかなかトリッキーで水の中ではゴールドっぽく輝く物でした。
本日のイワナの最大もこのルアーでした。

その後朝一入れ食いになりその後も本日一番当たったウィングを50クラスのイワナに持っていかれ、結局ニジマスの登録魚はゲット出来ないまま納竿となりました。


image

ブラウントラウト 57センチ 2.32キロ
オリ角ウィング 90ヤード
プリンス沖

結局他はニジマス3匹、イワナ12匹、ヒメマス1匹という釣果。


image

昨年同様、東山湖のニジマスが放流された時期なのでもう少し釣れるだろうと思ったのですがここまでイワナに偏るとは・・

そして良いと思ったウィングがテストでまさかのダメダメ、反対に期待しなかった方がそそる泳ぎをするという結果。再度の研究のし直しをして次回新しい角を持ち箱根に戻ってこようと思います!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
45609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
3319位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

turiblogmen

Author:turiblogmen
釣り日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。