スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年6月24日 第17回 芦ノ湖釣行

記念すべき300回目の投稿です!パチパチ


先週苦労したし、財布の中身も寂しいし・・で、今週は行くかどうか迷ってましたが結局無理して行ってきちゃいました(笑)

この日はいつもは湖尻からのブロ友ミヤビーさんも珍しくノザキから出船です。

ミヤビーさんは芦ノ湖で一日流した後そのまま銀山湖まで1泊二日の釣行に向かうそうです。(凄すぎ・・)


夜中2時過ぎに起きる予定が12時半ごろ目が覚めてしまい、その後眠れないので1時に出発。いつもは新東名を使って1時間10分ぐらいの道のりを国道1号線でとことこ向かうことに。しかし信号がずーっと青で止まることもなく三島まで1時間弱。結局元箱根まで1時間20分で着いてしまいました。ETC深夜割引分1110円の節約。<b!
r>
ちなみに三島の気温
19℃、箱根峠で14℃。ちょっと肌寒いです。


image

仮眠して起きるとミヤビーさん到着。しばらくするとエビスのI田さんも。今日のトロ師は3名です。


AM4:55出船。富士山には積雪の跡が・・・寒いはずだ。


image

今日は朝一勝負だと思っていたので初めからプリンスから上を攻めようと一気に北上。

いつものように左舷ナカジマミノー80ヤード、右舷SRCウィングを70ヤードでスタートです。

すると樹木園まで来ると桟橋左脇に何やら動物が・・・良く見ると鹿が3匹!
すぐに気付かれて隠れてしまいましたが、


image

(2匹居るのわかります?)

釣果というと、最初から昼まで湖面がずっとこんな鏡の様で釣れる気がしません。


image

それでも最初に来たのは1時間後、ナカジマミノーにヒメ。


image

ダイヤモンド駒ケ岳


image

そして次に来たのはまたもナカジマミノー。でもイワナちゃん


image

このイワナちゃん、掛かった瞬間ブラウンと期待され姿が見えるとがっくりするのでノザキのトロ師たちからそれはそれは冷遇されています(~_~;)


ミヤビーさんからはヒメ2匹のあと大物バラした・・との報告。
この時レインボーは思いのほか浅く6色ぐらい・・と言われたのですが・・・
魚探には12~14メートル付近に一番反応があり、多分ほとんどがヒメなのでしょうが、その中にはヒメ以外も居るだろうと7色~9色で続けてしまいました。

結果昼まででイワナ2匹、ヒメ3匹、ばらし4回(多分にヒメ)


image

しかも今日はSRCでは釣れず全てナカジマミノーの方ばかりでした。
ミヤビーさんも角はダメで貝系だったそう・・


そして昼を過ぎ、神宮で左舷のルアーを早引きで出していると沖側右舷の70ヤードウィングが思いっきり

style="color:#ff0000;font-size:xx-large">Giiiiiii

来た~!!と竿を取ろうとしてもホルダーから外れません!

ようやく外すと確かな生命反応が・・・・ありません?????

思いっきりの根掛かり!?でも魚探を見ると水深28メートル。しかも岸から10メートルは離れてる沖側・・なんで~という感じのまま巻き取り真上まで来て引っ張って外れるもルアーはそのまま奉納されてしまいました。

style="font-size:large">先週まで連ちゃんで60アップが釣れたSRCウィングだったのに~!


ミヤビーさんに聞くとこの辺りには倒木やらブイやらロープがかなりあるそうで、多分ロープでしょう(泣)


いつか潜水士の免許を取ってやると心に誓いました!


その後またまたミヤビーさんから大島辺りにレインボーが群れてて連発だよ~との報告があり、至急向かうも僕に釣れるのはヒメのみ。


3時半を過ぎ時点で未だレインボーは0。

湖面はようやく良い風が吹き始めているものの釣れる気配もなく、ほぼ諦めかけたその時、

Gi   Gi Gi・・

ビミョーな当たり!

しかしロッドを手に取るとそこそこの重量感なので慎重に巻いていくとレインボーに間違いないシル!
ーの魚体で無事一発ネッ
イン!


image

餌釣りの糸を口から1メートルぐらい付けたままのレインボー


PM3:50 和田の角
42.5センチ 0.8キロ
ナカジマミノーブラウンバックホログラム 75ヤード

本日最初で最後のレインボーでした。


その後両舷ともナカジマミノーにして大島を中心に流すも結局そのまま納竿。


image

結果としてはレインボーは75ヤードで釣れたものの、ノザキでの反省会では上(6色付近)にレインボー、その下にヒメ(でも散らばってる)、その下にイワナ・・という感じでした。サクラはそれこそ何処にいるのやら?


来週はトローリングをやってみたいというお客さんを連れてくる予定ですが、釣らせる自信は全くありません!どうしましょう・・

スポンサーサイト

2015年6月24日 第17回 芦ノ湖釣行

記念すべき300回目の投稿です!パチパチ


先週苦労したし、財布の中身も寂しいし・・で、今週は行くかどうか迷ってましたが結局無理して行ってきちゃいました(笑)

この日はいつもは湖尻からのブロ友ミヤビーさんも珍しくノザキから出船です。

ミヤビーさんは芦ノ湖で一日流した後そのまま銀山湖まで1泊二日の釣行に向かうそうです。(凄すぎ・・)


夜中2時過ぎに起きる予定が12時半ごろ目が覚めてしまい、その後眠れないので1時に出発。いつもは新東名を使って1時間10分ぐらいの道のりを国道1号線でとことこ向かうことに。しかし信号がずーっと青で止まることもなく三島まで1時間弱。結局元箱根まで1時間20分で着いてしまいました。ETC深夜割引分1110円の節約。<b!
r>
ちなみに三島の気温
19℃、箱根峠で14℃。ちょっと肌寒いです。


image

仮眠して起きるとミヤビーさん到着。しばらくするとエビスのI田さんも。今日のトロ師は3名です。


AM4:55出船。富士山には積雪の跡が・・・寒いはずだ。


image

今日は朝一勝負だと思っていたので初めからプリンスから上を攻めようと一気に北上。

いつものように左舷ナカジマミノー80ヤード、右舷SRCウィングを70ヤードでスタートです。

すると樹木園まで来ると桟橋左脇に何やら動物が・・・良く見ると鹿が3匹!
すぐに気付かれて隠れてしまいましたが、


image

(2匹居るのわかります?)

釣果というと、最初から昼まで湖面がずっとこんな鏡の様で釣れる気がしません。


image

それでも最初に来たのは1時間後、ナカジマミノーにヒメ。


image

ダイヤモンド駒ケ岳


image

そして次に来たのはまたもナカジマミノー。でもイワナちゃん


image

このイワナちゃん、掛かった瞬間ブラウンと期待され姿が見えるとがっくりするのでノザキのトロ師たちからそれはそれは冷遇されています(~_~;)


ミヤビーさんからはヒメ2匹のあと大物バラした・・との報告。
この時レインボーは思いのほか浅く6色ぐらい・・と言われたのですが・・・
魚探には12~14メートル付近に一番反応があり、多分ほとんどがヒメなのでしょうが、その中にはヒメ以外も居るだろうと7色~9色で続けてしまいました。

結果昼まででイワナ2匹、ヒメ3匹、ばらし4回(多分にヒメ)


image

しかも今日はSRCでは釣れず全てナカジマミノーの方ばかりでした。
ミヤビーさんも角はダメで貝系だったそう・・


そして昼を過ぎ、神宮で左舷のルアーを早引きで出していると沖側右舷の70ヤードウィングが思いっきり

style="color:#ff0000;font-size:xx-large">Giiiiiii

来た~!!と竿を取ろうとしてもホルダーから外れません!

ようやく外すと確かな生命反応が・・・・ありません?????

思いっきりの根掛かり!?でも魚探を見ると水深28メートル。しかも岸から10メートルは離れてる沖側・・なんで~という感じのまま巻き取り真上まで来て引っ張って外れるもルアーはそのまま奉納されてしまいました。

style="font-size:large">先週まで連ちゃんで60アップが釣れたSRCウィングだったのに~!


ミヤビーさんに聞くとこの辺りには倒木やらブイやらロープがかなりあるそうで、多分ロープでしょう(泣)


いつか潜水士の免許を取ってやると心に誓いました!


その後またまたミヤビーさんから大島辺りにレインボーが群れてて連発だよ~との報告があり、至急向かうも僕に釣れるのはヒメのみ。


3時半を過ぎ時点で未だレインボーは0。

湖面はようやく良い風が吹き始めているものの釣れる気配もなく、ほぼ諦めかけたその時、

Gi   Gi Gi・・

ビミョーな当たり!

しかしロッドを手に取るとそこそこの重量感なので慎重に巻いていくとレインボーに間違いないシル!
ーの魚体で無事一発ネッ
イン!


image

餌釣りの糸を口から1メートルぐらい付けたままのレインボー


PM3:50 和田の角
42.5センチ 0.8キロ
ナカジマミノーブラウンバックホログラム 75ヤード

本日最初で最後のレインボーでした。


その後両舷ともナカジマミノーにして大島を中心に流すも結局そのまま納竿。


image

結果としてはレインボーは75ヤードで釣れたものの、ノザキでの反省会では上(6色付近)にレインボー、その下にヒメ(でも散らばってる)、その下にイワナ・・という感じでした。サクラはそれこそ何処にいるのやら?


来週はトローリングをやってみたいというお客さんを連れてくる予定ですが、釣らせる自信は全くありません!どうしましょう・・

先日の釣行で・・

プリンス付近を流していたら何やら撮影らしきことをやってました。


image

7色8色で流していたのでこれ以上近づけないし、雨予報で一眼カメラを持ってこなかったので携帯の最大ZOOMで撮ったけど誰かはわからず


20150619

目の前を何回も往復してしまったんで多分すごい邪魔だったんだろうな~(笑)

2015年6月16日 第16回 芦ノ湖釣行

どたばたして1週間空いた芦ノ湖。

三島の気温は19℃、登って箱根峠でも17℃。今日は曇り時々雨の予報ですが今のところは雨が降っていません。


image

昨日はピーカンでかなりのタフコンディションだったそうですが今のところは良い感じです。
しかし本日のノザキからの出船は僕一人・・

そしてAM5時まずは弁天方面に


image

いつものごとく左舷ナカジマミノー、右舷SRCウィングで70ヤードでスタート。

弁天を通り過ぎるとナカジマミノーにくくんと当たりますがそれっきり・・

Uターンして同じコースを引いても反応が無いので一旦ルアーを回収し、昨年この時期に良かったプリンスまでひとっ飛びして再開。

すると仏が崎でようやく1匹目のニジマスがヒットするも30センチ以下で船べりリリース。


image

朝のうちは鏡のような湖面で釣れる気配が殆どしません。

桃源台でUターンして再度プリンスまで戻ることにして下記のポイントまで来ると


20150616-1

SRCウィングを付けた右舷ロッドが

Giiiiiiiii

大物らしき重量感のため反対の竿を高速回収。その間もぐんぐん半ヤードほどラインを出されエンジンニュートラルにして巻き取り開始。

残り1色までは順調に巻けましたがそこから何度か下に突っ込まれ、そのたびにドラグを調整してかわし何とか浮上させ一発でネットイン。


image



image

ヒレの欠損が殆ど無い綺麗なレインボーでした。

AM07:15 和田の角
64センチ 2.52キロ
SRCウィング 70ヤード

このウィングは前回も61センチをヒットさせたもので他のウィングのように左右のダートはあまりせずどちらかといえば上下の動きをするもの。
<iframe width="640" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/do810RzN0Cg" frameborder="0"
allowFullScreen=""></iframe>
とにかくこの時間帯で登録サイズをゲットできたのは大きいのでこの後はブラウン、サクラを狙いに西岸へ。


しかしここからずーっとノーピク。

中島船長から百貫~箒~トリカブト沖をゆっくり目の明るく大きめのルアーで!とメールでアドバイスも頂きましたが・・・とにかく魚探に反応は映るのに口を使ってくれない!


image

特に箒周辺には水面下にへららしきものが居るものの12メートル付近にはヒメマスらしき影。その中にはサクラも居るのでしょうがとにかく口を使ってくれない。

昼1時過ぎに箒の岬でようやくヒットして巻いていくと黄金色の魚体!やったブラウンだ!・・・と思ったらイワナちゃん46センチでした。


image

なんとこの日はこのまま最後までノーピクでタイムアップ。

12時間引き続けてニジマス2匹、イワナ1匹です。
60アップを運よくゲットできましたが、もしバラしていたら・・・・ガクガクブルブル


image

一日曇り空で良い感じでしたがとにかく無風で穏やか過ぎ。
それだけが原因ではないでしょうが秋の成熟期よりもタフな一日でした。


2015年6月16日 第16回 芦ノ湖釣行

どたばたして1週間空いた芦ノ湖。

三島の気温は19℃、登って箱根峠でも17℃。今日は曇り時々雨の予報ですが今のところは雨が降っていません。


image

昨日はピーカンでかなりのタフコンディションだったそうですが今のところは良い感じです。
しかし本日のノザキからの出船は僕一人・・

そしてAM5時まずは弁天方面に


image

いつものごとく左舷ナカジマミノー、右舷SRCウィングで70ヤードでスタート。

弁天を通り過ぎるとナカジマミノーにくくんと当たりますがそれっきり・・

Uターンして同じコースを引いても反応が無いので一旦ルアーを回収し、昨年この時期に良かったプリンスまでひとっ飛びして再開。

すると仏が崎でようやく1匹目のニジマスがヒットするも30センチ以下で船べりリリース。


image

朝のうちは鏡のような湖面で釣れる気配が殆どしません。

桃源台でUターンして再度プリンスまで戻ることにして下記のポイントまで来ると


20150616-1

SRCウィングを付けた右舷ロッドが

Giiiiiiiii

大物らしき重量感のため反対の竿を高速回収。その間もぐんぐん半ヤードほどラインを出されエンジンニュートラルにして巻き取り開始。

残り1色までは順調に巻けましたがそこから何度か下に突っ込まれ、そのたびにドラグを調整してかわし何とか浮上させ一発でネットイン。


image



image

ヒレの欠損が殆ど無い綺麗なレインボーでした。

AM07:15 和田の角
64センチ 2.52キロ
SRCウィング 70ヤード

このウィングは前回も61センチをヒットさせたもので他のウィングのように左右のダートはあまりせずどちらかといえば上下の動きをするもの。
<iframe width="640" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/do810RzN0Cg" frameborder="0"
allowFullScreen=""></iframe>
とにかくこの時間帯で登録サイズをゲットできたのは大きいのでこの後はブラウン、サクラを狙いに西岸へ。


しかしここからずーっとノーピク。

中島船長から百貫~箒~トリカブト沖をゆっくり目の明るく大きめのルアーで!とメールでアドバイスも頂きましたが・・・とにかく魚探に反応は映るのに口を使ってくれない!


image

特に箒周辺には水面下にへららしきものが居るものの12メートル付近にはヒメマスらしき影。その中にはサクラも居るのでしょうがとにかく口を使ってくれない。

昼1時過ぎに箒の岬でようやくヒットして巻いていくと黄金色の魚体!やったブラウンだ!・・・と思ったらイワナちゃん46センチでした。


image

なんとこの日はこのまま最後までノーピクでタイムアップ。

12時間引き続けてニジマス2匹、イワナ1匹です。
60アップを運よくゲットできましたが、もしバラしていたら・・・・ガクガクブルブル


image

一日曇り空で良い感じでしたがとにかく無風で穏やか過ぎ。
それだけが原因ではないでしょうが秋の成熟期よりもタフな一日でした。


芦ノ湖漁協からのお知らせ

芦ノ湖漁協では2016年の特別解禁ポスターのデザイン(イラストor絵画or写真)をプロアマ問わず一般公募することにしたそうです。


芦ノ湖漁業協同組合HP

芦ノ湖に釣りに行きたくなるよ~なもの。だそうなので関心のある方は挑戦してみては?

僕は絵は小学生レベルなのでかっこいい写真を狙ってみようかな!?


2015年6月2日 第15回芦 ノ湖釣行

今週の予定では仕事先のお客さんがトローリングを是非やってみたいと言ってたので水曜日に行く予定でした。しかし水曜日は天気が悪くせっかくの初トロが修行になっては・・ということで延期。

で、天気の良さそうな前日火曜日に僕一人での釣行が月曜夜に急遽決まりました。

三島での気温は16℃。箱根峠は13℃。明け方は相変わらずの気温です。

元箱根に着き湖畔をチェックするとよさげなそよ風程度。

すると見慣れた車が・・今年はなかなかお会いできずにいたS野さんでした。


image

さて、最近の釣果をみると東岸・・それも樹木園から神宮付近に集中しています。

僕が先週ばらしたのも胴切だったし・・ということで今日は一日その付近をひたすら流そうと決めていました。AM4:50に出船


image

プリンス前からスタートで右舷SRCウィング茶系、左舷ナカジマミノーホログラムの先週結果がでたセットで6色スタート。

仏ヶ崎でまずSRCに1本ニジ。その後15分に1匹のペースで掛かってくるも全て30センチクラスのニジマスでしかもSRCオンリー。ナカジマミノーはククンとアタックはしてくるもののフッキングまでは至らず。カラーが合っていないのか?


image

湖尻の先週良かったラインでは相変わらずイワナちゃんがアタックしてきます。


image

今日はブロ友のMさんも湖尻からサクラ狙いで出撃していますが苦戦している様子。

8時ごろには胴切でGiiiiと来ますが上がって来たのは今年初のウグイ・・・・・
そしてこれを最後にその後はノーピク状態になってしまいました。

それでもむきになって・・というか初心貫徹で神宮を中心に岸より沖目をしつこく流しました。

20150602-1
ルアーもとっかえひっかえし、ウィングの中でもあまり左右のダートをせずどちらかといえば上下の動きをしていて今までほとんど使ったことが無いウィングを付けてみました。


image

するとその30分後、上のラインを流している時

Giiiiiiiiiiiii


いきなり竿先が思いっきり絞り込まれ一気にラインが出て行きました!

一瞬根掛かりかと思いましたが水深的にそんなはずもなく、次に思ったのは・・・・・「鯉?」


何にせよ重量感が今までとは違うので反対の竿を高速回収。エンジンニュートラルにして戦闘開始です。

船を止めたことで比較的楽に寄せては来れましたがレッドコア残り1色のところで銀色の魚体がいきなりのジャンプ!鯉でなくて良かった~(笑)と思いながら慎重に寄せ2度の突っ込みをかわしてネット!
ン!


image

3週間ぶりの登録サイズに思わず一人ガッツポーズしてしまいました。

水温的には生簀の中ではそろそろ厳しい時期なのと12時半だったので一旦桟橋に戻って検量することにしました。


レインボートラウト 61センチ 2.68キロ
SRCウィング 60ヤード
ポイント 神宮 晴れ 西の風


image

お店に居てしばらくすると手漕ぎトロ師のH川さんもご帰還。

本日は昼までで50オーバーが3本とのこと(@_@;)

話を聞くとあるポイントの水深20メートル付近にニジマスらしき影が映っていて、特製フラットフィッシュをその水深まで沈めて食わせたそうです。
手漕ぎだから出来る技でさすが現在ダービートップなだけあります。

そして再度出船。
この頃になると南西の風が強くなり


image

西岸をサクラ狙いで流すも不発。ぽつぽつと掛かってくるのはニジマスとたまにヒメマス。

3時頃から厚い雲が出始め気温が下がり始めると当たりも遠くなってしまい、挙句の果てに霧まで出てきて


image

ギブアップで納竿。




image

ノザキに戻り朝食(笑)のような軽食をいただきました。

本日の釣果
ニジマス・・13匹(最大61センチ)
イワナ・・1匹(35センチ程度)
ヒメマス・・1匹
ウグイ・・1匹

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
36437位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
2764位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

turiblogmen

Author:turiblogmen
釣り日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。