スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年5月14日 第12回 芦ノ湖釣行

台風があっという間に去っていき風だけが残る中行ってきました芦ノ湖に!

何故か早く起きてしまい1時間も早く出発。
新東名を下り三島の気温は17℃、箱根峠は12℃。AM3時に到着した元箱根は西よりの風で星が綺麗でした。(一眼で撮ったら流れ星が・・)


DSC01606

ノザキが開き野崎さんとテルさんと先日のTVの迷演技?のお話をし、


image



image

そして芦ノ湖はというと今回は更なる増水状態でした。


image



image

AM5時出船。今日の釣り人は僕一人でした。
向かい風の為一気に対岸に向かい静かなトリカブトからスタートです。


image



image

今期の僕の特徴(?)は朝はダメダメ。
湖尻でボウズ逃れの1匹。
夕マズメ入れ食い
とういうワンパターン状態が多いのですが今日もトリカブト~箒~百貫~立岩とノーピクです。

立岩から対岸に渡り胴切でようやくチビマスが1匹。魚探には沖目に反応が多いのですがククンという当たりのみで針に掛からないのが3回(泣)


そこで良い風っぽいので湖尻方面に行くことに。
しかし8~10メートルラインにまで近づくと魚探には先週までとは明らかに違う反応が・・


DSC01618



DSC01620

どう見てもへらっぽい影で乗っ込みが始まったみたい。(へらのことは全然わかりませんが)

キャンプ場から早川周辺の魚はトラウトが完全に追い出された感じ。

で諦めかけたその時、SRCウィング40ヤードの竿が根掛かりのように曲がっていきました。

慌ててホルダーから外すとぐい~んと生命反応が!しかし半端な引きではなく4色が一気に残り1色まで引きずり出されました。片方の竿を高速回収しエンジンも停止させポンピングで巻いていくと何とかリーダーまできましたが浮き上がってきません。さらに再び3色まで引き出され・・ここで確信しました。

style="color:#ff0000;font-size:large">鯉だ・・

で、エンジンをかけ、今度は船を近づけながら巻いていくとようやく浮き上がって魚体を確認。

スレ掛かりかと思いましたがSRCを口にがっちり咥えた大物鯉でした!

ネットインは一発で出来ましたが片手では持ち上げられず反対にネットがひん曲がってしまい、両手でようやく船に引き上げました。


imageheight="356">

計ってみると90センチを超える大物・・

イケスに入れようと思いましたが入らず、無理に入れても出すのが大変。何より生臭い匂いがきつく写真を撮ってリリースしました。


これがモンスタートラウトだったら良かったんですが良い予行練習が出来たということで釣りを再開。


気を取り直し、湖尻からボート屋の前を通り神宮でまたSRCウィングに良い当たり。上げてみるとビミョーなサイズのニジ。
計ってみると40は超えていそうでほっと一安心。

ここから胴切までの沖目の10メートルラインに固まっていそうなので6色にして往復すると良い感じで当たり出しました。

もう一匹同サイズを釣り上げたところで一旦戻り検量すると


DSC01643

41.5センチ 0.7キロと40センチちょうどでした。

午後は出船すると半端無い風と波です。


image

操船もままならない中再度の九頭龍で何匹か釣り上げるもサイズアップは出来ず、今日の後半はサクラを久しぶりに狙ってみようと百貫~白浜をSRCウィングとナカジマミノーで6色、7色を中心に往復。沖の方が反応が良く何匹かニジマスが釣れるもサクラは30センチのが1匹のみ。

他のボートも全て居なくなってしまい僕一人の貸しきり状態の中ようやく最後にGiiii!!

ナカジマミノーをがっちり咥えてきたのは狙い通りのサクラでした。


BlogPaint



image

44センチ 0.9キロ ナカジマミノーブラウンバックホログラム
60ヤード 平岩

そしてそのまま納竿



image

今日も何故か芦ノ湖産ではない鯖の塩焼きをいただき箱根の山を下りました。

今日の釣果
ニジマス・・約17匹(最大41.5センチ)
サクラマス・・2匹(最大44センチ)
ヒメマス・・1匹(計測せず)
鯉・・1匹(約95センチ)
一応4目でした(笑)

スポンサーサイト

箱根の今・・

連日報道されている箱根の現状を地元の目線で解説してくれているブログがありましたので勝手にですが紹介させていただきます。是非読んでみてください。

『ブログ三代目の日記』

ご心配どうも!今、箱根人がどうしても伝えたいこと^^



箱根の山のこの騒動が早く終わりますように・・

2015年5月5日 第11回芦 ノ湖釣行

連続釣行2日目。

ぐでんぐでんに酔っ払って爆睡していた僕ですがAM2時半車の外のがやがやとした話し声で起こされました。

外に出てみると鯉釣りのグループが。

昨日も居たのですが今日もやるみたいです。

芦ノ湖はというと雲は出ているものの月もたまに顔を覗かせて天気が良くなる予感。


DSC01517

ノザキが開き昨日のお礼を言いつつ大涌谷の話をすると野崎さんは「あんなの昔からしょっちゅうあったぞ!騒ぎすぎなんだよ!」とのこと。

で、出船。昨日とは打って変わって静かな湖面を進むと


DSC01519

早速成蹊でナカジマミノーにヒット。しかし30クラスのニジマス。

早目のヒットで期待が高まりますがここからが続きません。

昨日ブロ友のMさんから4色との情報を戴いていたのでその辺りを中心に流しますがさすがに無風では苦しい状況


DSC01528

ここで流している最中不思議なズンとした感覚が・・

波?と思いましたが昼に上がってみると野崎さんたちが「地震わかったか?」と・・
テレビでは震度1と言ってましたが下から突き上げるような結構来る地震だったそうで朝は強気だった野崎さんたちもびっくりしてました(笑)

常連のY口さんもミノーイングの最中感じたらしく、しかも津波のような変な波が起こったそうです。


まあそんな地震だったとはこの時は露知らず、風が欲しいな~と思っていたらだんだん風が吹き始め、反対に強くなりすぎなんじゃあない!?という強風に!しかもあまり無い南東系の風。


DSC01532

で、この風向きは芦ノ湖上では遮る山がなかなか無いので操船が大変。ということでいつもの湖尻、七里ガ浜方面に向かうことに。すると


DSC01533hspace="5">

なんと深良から早川までの岸沿いを水上スキーがガンガンに我が物顔で走り回ってます。
いつもは数多く居る岸釣り師も全く居ませんし他の釣り船もコリャダメだと近づこうとしません。頭にきたのでそのまま早川に突入!

釣れなくてもいいや去ってくれればと思ったら向こうも構わずこちらのそばをすれ違っていきます。(確かに僕の方が後から入りましたが・・何もこんな釣りの好ポイントでやらなくてもいつもの禁漁区でやればいいじゃんって釣り人側の勝手な言い分ですけど)

しかしがんがんモーターボートが走り回っていても8メートルラインにはしっかり反応が出て早川ではついにSRCウィング40ヤードがGiiiiii?!


結構な重さで上がって来たのはブラウンだったら良!
ったのに・・・残念49
5センチのイワナちゃんでした。


DSC01537

この頃には天気も回復し早川からは今噂の大涌谷の水蒸気の煙もよく見えました。


DSC01543hspace="5">

ここで一旦トイレ休憩と昼食で戻ることに。

さすがにGW!多くのスワンボートをかいくぐってノザキ桟橋まで戻りお店も観光客で一杯なのでノザキでカップラーメンをいただき再出船。

南東の風で元箱根は穏やかそのもの。なので今度は最近行ってない弁天~大島コースを取ることに。すると弁天からコペリの10~20メートルラインに反応がかなりありました。しかしなかなかヒットしません。

実はこの群れ・・この後野崎さんもヒメ狙いで出て見つけたそうです。何匹かヒメマスは釣れたのでヒメには間違いないんだけど全然喰ってこないんだよな~・・と言ってました。

この後大島~箒~百貫~禁漁区~立岩と流すも反応は無く小杉から対岸に渡ると胴切までの中間で魚探に良い反応!
現れようやくヒット。3
クラスのニジマスでした。


image

九頭龍まで進みUターンしてまた来た進路を戻ると中央付近で同サイズがヒット。

この後立石湾~九頭龍の間を八の字を書くように流すと何匹か釣れますがサイズアップはしませんでした。

そして4時を回り湖尻まで再度流すとまだ水上スキーをやっています。しかし今度は亀ヶ崎~深良の方でやっていたので早川~飯塚までを中心に水深10メートル付近を40ヤードで流すとそれこそ一流しで2、3匹はヒットしてくるように。但しここでもせいぜい35センチまで。しかもアワビや貝貼りの角などにはイワナ。角やミノー系にはニジマスが・・

で、最後までこれが続きドラマは起こらずじまい。


imagehspace="5">


魚は場所によっては固まってるけど口を使ってくれない。そんな感じの一日でした。

ちなみに良い反応が現れていたのは大島の風があたっている側。和田の角のプリンス桟橋の沖目、胴切の沖、早川&キャンプ場周辺。と言ったところでした。

この次の日大涌谷の警戒レベルが2になりましたね。ロープウェイも休止だし。
仕方ない部分もあるでしょうが昨年の夏場は悪天候で富士山がほとんど見れず観光にも影響があったような記憶がありますし、今年もこれでは観光地として打撃が大きすぎると思います。


ニュースでもやってましたが怖いのは大げさな風評被害。
釣りでも最近、湖尻は硫黄のせいで釣れないよという声があったりしますがそんなことはありませんよ~!
(この日も!
黄の臭いはたしかに九頭
付近でもかなりしてましたが風向き次第で前からありましたし・・)

昨年は60オーバーはいったいどこに行っちゃったの?って声や釣れないぞ!って苦情が野崎さんのところにもあったらしいですが、今年は全体的な釣果では昨年よりは確実に大物やグッドサイズのサクラマスが出ていると思います。僕は釣ってませんがそれは腕のせいです(泣)

芦ノ湖のボート屋さんでも貸しボートだけで成り立っているところばかりではなく食事処などと兼業しているところなどもあります。他にもスワンボートや芦ノ湖遊覧モーターボートなどなど。
僕らが芦ノ湖で釣りを出来るのも芦ノ湖の地場産業がしっかりしているからだと思います。早く大涌谷が落ち着いてこの騒ぎが収まってくれればと切に願います。


追!
:5月11日月曜、PM
8時からのNHK「鶴瓶の家族に乾杯」は箱根町が舞台です。
ノザキ桟橋スタッフのテルさんがちらっと映るとか映らないとか・・という噂が。

2015年5月4日 第10回芦 ノ湖釣行

世はGW。で私もこの期間中の仕事は3日だけだったので4日5日と芦ノ湖で思う存分楽しもうと計画をたてました。とは言っても今から宿などが取れるはずもなくお金も無いため車中泊です。

ただ事前の天気予報では4日だけ雨風が強い予報でした。
午前2時半出発。道はさすがに混んで無くトラックも少ないため順調。三島での気温は17℃、上って箱根峠では12℃。風はそこそこ吹いていますが出船には問題なさそうです。


image



image

本日は京都から来られたダウンリガーを使う方などいつもとは違う方たちが多く来られてます。

で、5時出船。


imagehspace="5">

南西の向かい風で、まだ雨も本降りではないので神社前からライン出し。

右舷ナカジマミノー4色、左舷SRCウィング3色の定番です。

本日はどんどん風が強くなる予報なので早めに勝負をつけたいのですが成蹊でナカジマミノーに当たりがあっただけでプリンスまでほぼノーピク状態。

午前6:00、和田の角の沖水深16メートル付近にいい反応が出ているので期待していると右舷SRCウィングの方が期待通りにGiiiii

荒波の中慎重に巻き上げるとビミョ~なサイズ。
僕が参加しているノザキダービーは40センチ以上のニジマスかブラウンを1日1魚種1登録できるのですが、芦ノ湖には計ったように39、40クラスが多く今回から釣具屋で見つけたこんなメジャーを初投!



image

これにのっけてはみ出ていればOK(笑)というもので揺れる湖上でもこれなら楽に計れます。

で今回のニジマスも計ると余裕で40オーバーなのでほっと一安心でした。

但し雨風のため本日はほとんど写真を撮れませんでした。

その後8時頃まではぽつぽつと散発的に釣れますが霧が濃くなったり突風が吹いたりでなかなか思うようなコースを引けません。


image

いつものように湖尻で引いていると観光船が汽笛を鳴らしながら航行しているので湖尻から抜け出せなくなってしまい、しばらく湖尻の岸寄りを流していると何度目かのヒットの後また40サイズが釣れ


image

その後3色4色で当たりが遠くなったので8色まで出すと再びぽつぽつと当たりはじめました。
今日は流せる場所が限られましたが8色では和田の角から神宮までが特に反応がありました。

しかし、この風雨で8色の上げ下げは辛く明日もあるさ!と4時半までやってギブアップ。

(すみません、この日のポイント、ヒット時間などの詳細は操船に必死で雨の中携帯で時間を確認もなかなかできず正直思い出せません・・)


本日の最大
43センチ 0.9キロ 和田の角 SRCウィング 30ヤード
今日のノザキでとりあえず登録はこれだけなので一応面目は保った?ということで・・



image

その後はノザキでヤリイカのイカソーメン、馬刺し、ホタルイカなど芦ノ湖産以外のもの(笑)を肴にビールといいちこで野崎さんと9時過ぎまでさしで飲み明かし昔のこと、漁協のこと等々いろいろと話を聞けました。これが今日の一番の収穫でしょう。


ちなみに今回は愛車のFITシャトルで初めての車中泊。5ナンバーなので心配でしたが182センチの僕が足を延ばして寝袋で気持ちよく爆睡出来ました。但し合羽やその他びしょ濡れのものも一緒でしたが・・


2日目に続く・・・

2015年5月4日 第10回芦 ノ湖釣行

世はGW。で私もこの期間中の仕事は3日だけだったので4日5日と芦ノ湖で思う存分楽しもうと計画をたてました。とは言っても今から宿などが取れるはずもなくお金も無いため車中泊です。

ただ事前の天気予報では4日だけ雨風が強い予報でした。
午前2時半出発。道はさすがに混んで無くトラックも少ないため順調。三島での気温は17℃、上って箱根峠では12℃。風はそこそこ吹いていますが出船には問題なさそうです。


image



image

本日は京都から来られたダウンリガーを使う方などいつもとは違う方たちが多く来られてます。

で、5時出船。


imagehspace="5">

南西の向かい風で、まだ雨も本降りではないので神社前からライン出し。

右舷ナカジマミノー4色、左舷SRCウィング3色の定番です。

本日はどんどん風が強くなる予報なので早めに勝負をつけたいのですが成蹊でナカジマミノーに当たりがあっただけでプリンスまでほぼノーピク状態。

午前6:00、和田の角の沖水深16メートル付近にいい反応が出ているので期待していると右舷SRCウィングの方が期待通りにGiiiii

荒波の中慎重に巻き上げるとビミョ~なサイズ。
僕が参加しているノザキダービーは40センチ以上のニジマスかブラウンを1日1魚種1登録できるのですが、芦ノ湖には計ったように39、40クラスが多く今回から釣具屋で見つけたこんなメジャーを初投!



image

これにのっけてはみ出ていればOK(笑)というもので揺れる湖上でもこれなら楽に計れます。

で今回のニジマスも計ると余裕で40オーバーなのでほっと一安心でした。

但し雨風のため本日はほとんど写真を撮れませんでした。

その後8時頃まではぽつぽつと散発的に釣れますが霧が濃くなったり突風が吹いたりでなかなか思うようなコースを引けません。


image

いつものように湖尻で引いていると観光船が汽笛を鳴らしながら航行しているので湖尻から抜け出せなくなってしまい、しばらく湖尻の岸寄りを流していると何度目かのヒットの後また40サイズが釣れ


image

その後3色4色で当たりが遠くなったので8色まで出すと再びぽつぽつと当たりはじめました。
今日は流せる場所が限られましたが8色では和田の角から神宮までが特に反応がありました。

しかし、この風雨で8色の上げ下げは辛く明日もあるさ!と4時半までやってギブアップ。

(すみません、この日のポイント、ヒット時間などの詳細は操船に必死で雨の中携帯で時間を確認もなかなかできず正直思い出せません・・)


本日の最大
43センチ 0.9キロ 和田の角 SRCウィング 30ヤード
今日のノザキでとりあえず登録はこれだけなので一応面目は保った?ということで・・



image

その後はノザキでヤリイカのイカソーメン、馬刺し、ホタルイカなど芦ノ湖産以外のもの(笑)を肴にビールといいちこで野崎さんと9時過ぎまでさしで飲み明かし昔のこと、漁協のこと等々いろいろと話を聞けました。これが今日の一番の収穫でしょう。


ちなみに今回は愛車のFITシャトルで初めての車中泊。5ナンバーなので心配でしたが182センチの僕が足を延ばして寝袋で気持ちよく爆睡出来ました。但し合羽やその他びしょ濡れのものも一緒でしたが・・


2日目に続く・・・

2015年4月28日 第9回芦 ノ湖釣行

先週大雨が降ってから毎日の釣果を見るとがらっと状況が変わってしまった芦ノ湖。水温も先週10℃台だったのが14℃とまさにうなぎ上りで上がってしまい、いくら適水温といっても急すぎて魚にとってはストレスだろうという感じです。

午前3時半、三島の気温は18℃、上って箱根峠では13℃


image

元箱根に着いて湖畔を確認すると南風が吹き、予報では風力1でしたが2以上はありそう。

なにやら良い感じではあります。


image

駐車場にはすでに何台か来ておりF橋さんのFITも。しばらくして中島船長も到着。


image

先週までつぼみだった木も開花。

今日は休み前とはいえ出撃する方も多そうです。


DSC01325

桟橋で準備をしながらテルさんと話をすと、ここのところ同じ層を引いててもある人は釣れても、別の人には全く来ないという状況があったりで、例年より季節のパターンが早まっている印象がある。ある意味夏パターンに近い動きの魚も多いみたい・・とのこと。

確かに7色ぐらいで釣ってきている人もいます。


DSC01326

で、5時過ぎには出船。神社下からナカジマミノー4色とSRCウィング3色で引き始めますが・・そうそう先週のようなことが起こるはずも無く、成蹊でナカジマミノーに良い当たりがあったもののすぐ抜けてしまいました。

すると中島船長から虹&サクラが神社前で釣れたとメールが!

そして20分後、今度は60近い虹が釣れたと再びメール・・・・・(@_@。


う~ん何でこっちの竿には来ないんだろう・・?
殺気を出しすぎていたかもしれません(笑)


DSC01332hspace="5">

湖尻に行くも湖尻だけは何故か強い南西風が吹いてます。操船が大変なのと波が良い感じなのでハーリングで自作アオミドロならぬデカミドロを引くことに。
するとようやく8時過ぎ七里ヶ浜で1匹目のコニジ。

その後何往復かしますが反応は無く、一時期のような魚が溜まっている感じはしません。
イワナちゃん達にとっても浅場は水温が高くなってしまったのか姿を見せてくれません。

しかたなく湖尻を一旦離れ南下。すると亀ヶ崎を通り過ぎるととたんに静かな湖面になります。


実はなんとこの後午後3時までトローリングでは全く釣れませんでした!

唯一九頭龍でナカジマミノーにGiiiiと竿が入るもそれっきり・・泣

3時を回り、再び湖尻に向かうと風が相変わらず!
強く、8メートル付近を
うも状況は変わらず反応がありません。

するとスマフォでボート屋の釣果を見ると本日湖尻で沢山釣れてる報告がアップされてるではないですか!?

ある意味便利な時代になったものです・・

そしてそれを参考に湖尻湾の深い水深を探ると


DSC01343hspace="5">

10~12メートルラインに反応が頻繁に出てきます。
ヒメ?・・・かとも思いましたが物は試しにと7色、8色のやや早引きで流してみることに。


するとすぐに竿先反応が!

巻くと小さいながらもニジでした。

その後は頻繁に当たり始め、途中ヒメなのかバレるのもありますがコンスタントにニジマスが釣れて来ます。でもサイズは35どまり。

4時半を過ぎ、風はやっと治まりましたが片付けと元箱根に戻る時間を考えると残りは1時間。

いかにも夕マズメ!という感じになり、他のボートも居なくなったので貸切の湖面のシャロー狙いをすることにし、2色、3色で6メートルラインを中心に早引きするとガンガン喰い付いて来ました。

しかし40アップが来ません・・<b!
r>
と、ここでお客さん
ら電話が~!

お客様からの電話は大事なのでしっかり対応し(笑)、切るとすでに5時を回ってます。

気持ちはほぼあきらめモード。そして最後は早川から海賊船桟橋まで流して終わろうと思い再開するとすぐのキャンプ場前で元気の良いGiiii。

びみょ~な重さでしたが巻いていくと綺麗な魚体で本日初めてネットを使ってキャッチ!


DSC01354

稚魚放流っぽい綺麗な魚で何とか40はありそうです。

で、ほっとしてそのまま納竿。

桟橋に戻り検量すると

45センチ 1キロジャスト SRCウィング 25ヤード



DSC01363

今日は朝テルさんが言ってた通りの展開になってしまった感じで、パターンを先週と同じ考えでやってしまったのが苦労した原因の一つ。

後は時合いの時、ルアーが・・またはカラーが合っていなかったかも・・

でも最後粘って本当に良かったです。九分九厘諦めていたこの1匹の登録は自分的には本当に大きいです!

来週はGWの釣行。人的プレッシャーがいつもよりは掛かっている湖を攻略できるか?

それでは!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
45609位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
3319位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

turiblogmen

Author:turiblogmen
釣り日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。